1. TOP
  2. コラム
  3. 個人指導のサッカースクールに通うメリットは?

カテゴリー:

個人指導のサッカースクールに通うメリットは?

サッカーを子供にさせたいとき、まずは集団タイプのスクールに入れることが多いかもしれません。サッカーは集団のスポーツなので、その中でいろいろ学んでいけるというメリットがある一方で、集団の中だとなかなか個別の指導などを受けにくい時があります。

 

 

 

 

 

ポジションに合わせた指導を受けられる

サッカーは11人で行うスポーツです。11人がばらばらにプレーをしていたのではとても試合に勝つことはできません。11人が組織的に機能することでゲームを有利に運べるようになり、しっかり得点を重ねて失点をしないようにできます。ゴールキーパーはゴール前で相手のゴールを食い止めるポジションになります。ディフェンダーは味方のゴールに最も近いところで相手の攻撃陣を食い止めるポジションです。ミッドフィルダーは攻撃を組み立てる中心のポジションになり、フォワードはゴールを狙いに行くポジションになります。ただゲーム展開によってディフェンダーが攻めたりゴールを決めることもありますし、フォワードがディフェンスラインまで下がって相手の攻撃を止めることもあります。

また、同じポジション名でも役割が異なり、ミッドフィルダーは攻撃的な役割の人もいれば守備的な役割の人もいます。サッカーをしている人ならチームの中で何らかの役割を与えられますが、その与えられた役割に特化した技術を磨きたいと感じることもあるはずです。

そこで利用したいのが個人指導のサッカースクールです。通常は集団タイプのスクールなどに所属して集団の中でプレーをしながら技術を学んでいきます。しかしスクールには多くの生徒がいる反面、指導者はそれほど多くありません。マンツーマンで教えてくれるスクールはその子のポジションや役割に応じた指導を行ってくれます。実際にプレーをしながら教えてくれたり、言葉で教えてくれたりします。

希望の場所まで来てもらって指導してもらえる

塾やスクールを利用するとき、それらが開校されている場所に行く必要があります。塾であれば駅前などにあることが多いかもしれません。運動系のスクールだと広いグラウンドなどになるでしょう。専用のグラウンドを持つスクールは少ないので、その時ごとに場所が変わるときもあります。ある時は市民グランドだったり、ある時は小学校の運動場などに集合するように言われます。

そもそもそれらが自宅近くで運営しているときはそれほど通うのは大変ではありません。しかし大手が運営するところとなると必ずしも自宅近くにあるとは限らず、鉄道やバスなどで行かないと利用できないときもあります。お金も時間もかかりますし、親としては安全に通えているかどうか心配になるときもあるでしょう。

個人指導で受けられるスクールの指導者は受ける側の希望を聞いてくれることが多いため、場所の指定をお願いできることもあります。あまり移動したくないなら自宅から近い球技が行える公園等に来てもらえます。逆に指導者の活動拠点などに行って本格的な芝のあるところで行える時もあります。来てもらうときは出張料などが必要になることが多いです。

子供の能力を効率的にアップさせてくれる

子供をサッカースクールに通わせる目的は様々です。何か習い事をさせたいと感じ、その中から人気のあるスポーツとして選ぶことがあるでしょう。その他将来的にサッカー選手になってもらいたいとのことから早めにサッカーの技術を身につけさせようとして通わせるときもあります。親が無理やり子供に行かせるケースもありますが、こどもから行きたいと言ってくるときもあります。

色々な目的でスクールに入ると、それだけでどんどんサッカーがうまくなっていきますし、実力もアップしています。いつの間にか素人の親が相手をしようとしても簡単にドリブルで抜けられてしまうなどもあるかもしれません。それだけを見ていると今のスクールだけを利用していればよさそうですが、集団のスクールの中でできることは限られます。練習は個別に行われることは少ないので、個々の子供の能力に合わせてくれるわけではありません。その子のためにはなるのでしょうが、ぴったりフィットした指導をしてもらえるわけではありません。

個人指導と集団のスクールと併用すれば、子供の能力をより効率的にアップさせてくれる期待が持てます。その子の足りないところを補い、良いところは伸ばす指導をしてくれます。集団のスクールでは力がある子などが力を持て余してしまうときがありますが、力がある子に対してはさらにその力が伸びるようアドバイスをしてくれます。

 

ポジションが与えられているとき、そのポジションのための指導を行ってもらえます。その子の能力に合わせて、足りないところを補い、優れているところは伸ばしてもらえます。利用者の希望するところでの指導が受けられます。