1. TOP
  2. コラム
  3. サッカースクールのグラウンドによって変わる?サッカーシューズの違いとは

カテゴリー:

サッカースクールのグラウンドによって変わる?サッカーシューズの違いとは

サッカースクールのグラウンドによって変わる?サッカーシューズの違いとは

現在でこそワールドカップ出場が当たり前となっている日本のサッカーですが、長く暗黒の時代があったことは確かです。
予選で敗退をするのが当たり前で、野球の人気に大きく水を開けられていました。
そんな状況に変化が見られたのが、国内に誕生したプロリーグではないでしょうか。
国内にプロリーグが誕生したことによって、選手たちの自覚が芽生えて、個々のレベルが比較的に上がりました。
海外の強豪チームに移籍をする選手も出てきて、サッカー後進国と言われることがなくなりました。
ワールドカップ常連国となった背景には、プロリーグの誕生が大きく貢献しているのではないでしょうか。

 

ピラミッド組織の有効性に関して

当初は10チームでスタートしたプロリーグですが、現在は全国各地にプロチームがあります。
トップチームを筆頭にサテライトやユースチームを組織していて、小学校の低学年が質の高い練習をすることが出来ています。
多くのサッカースクールが屋内型の練習場を備えているので、雨や雪によって練習が出来ないことがありません。
計画的にカリキュラムを消化することが出来るので、安定した技術の習得が出来るのではないでしょうか。
親御さんへの負担も少ないですし、プレイに集中する環境が整っていると言えます。

 

早い段階で素質を見抜いてあげる

ユースチームの指導者は、元プロサッカー選手です。
子ども達の適性を見抜くことに長けていますし、上手になるためには何をすれば良いのかを知っています。
きちんとした指導を受けることで、プロになる夢を叶えることが出来るのではないでしょうか。

 

プレイをする環境と怪我の予防に関して

同じように増えているのが、サッカースクールではないでしょうか。
たくさんの子ども達が通っていますし、パスの出し方やタイミング、更には勝つための戦術を学ぶことが出来ます。
レベルの高いスクールで学ぶことで、上達も早まるのではないでしょうか。
全国各地にサッカースクールがありますし、転校をした際にも新しい学校からスクールに通うことが出来ます
今の日本代表で活躍する選手の中にも、幼い頃からスクールに通っていた選手がいます。
練習試合の数も多く組まれていますし、試合をしながら課題を見付けて克服することが出来ます。
試合数が多いと言うことは、それだけプレイをするチャンスが多いと言うことです。
スクールには分析を専門にするスタッフが居ますし、一人一人の個性を引き出しつつ弱点を見付け出すことが出来ます。
強豪チームとの合同練習や試合も多いですし、共に切磋琢磨して成長することが出来るのではないでしょうか。

〇気になる怪我対策
親御さんにとって気になるのが、子どもの怪我対策ではないでしょうか。
特にサッカーはコンタクトスポーツですし、大きな怪我をしてしまうと取り返しの付かない事態に発展してしまいます。
土のグランドでのプレイはリスクも高いですし、擦り傷や裂傷が頻繁に起きてしまいます。
その点、サッカースクールの練習場は大部分が芝生です。
スライディングや転倒の際にも大怪我に繋がることが少ないですし、思い切ったプレイをすることが出来ます。
ミニゴールやコートの種類も豊富なので、細かなプレイを練習することが出来ます。
かつては男子選手が占めていたサッカースクールですが、なでしこJAPANの活躍によって女子選手が増えています。
カテゴリー毎の日本代表も多く輩出されていますし、世界に羽ばたく登竜門と言えるのではないでしょうか。

〇挨拶などの基本も身につく
スポーツ全般に言えることですが、勝つこと以外に学ぶことがたくさんあります。
対戦相手に対する敬意や挨拶・マナーですが、それらを徹底的に叩き込んで貰えるのも魅力ではないでしょうか。
一流のプロ選手になる前に、一人の人間として成長出来るのがサッカースクールだと言えます。

〇自分に合ったスパイク選び
そして、技術と同じくらい重要なのが道具選びだと言われています。
サッカー選手にとっては足が命ですし、自分に合ったスパイクを選ぶことが大切になります。
ここが最も重要で、スパイクが合っていないと十分なパフォーマンスを繰り出すことが出来ません。
足の形やポイントの位置、加えてポジションやプレイの質によってもスパイクが違います。
スパイク選びに関しても、専任のコーチが親身になってサポートをしてくれます。
攻守の切り替えが早いサッカーにおいては、いかにして素早いターンをするかが重要になります。
また、相手より高く跳ぶことが出来ると勝利に近付くことが出来るのではないでしょうか。
国内の有名メーカーのスパイクから自分に合った商品を選ぶことが出来ますし、オーダーメイドにも対応しています。
小学生や中学生のベースにあるのが勉強ですが、サッカースクールであれば、短い時間で効率良く上手くなることが出来ます。
学業との両立が可能ですし、無理なく続けることが出来るのではないでしょうか。

〇まとめ
国内におけるサッカー人気は凄まじく、野球の人気を超えていると言われています。
子どもの無限の可能性をより確かなものにするには、サッカースクールに通うことがベストではないでしょうか。