1. TOP
  2. コラム
  3. サッカースクールは「どこも同じ」ではない

カテゴリー:

サッカースクールは「どこも同じ」ではない

サッカースクールは「どこも同じ」ではない

サッカースクールは、主にサッカーの技術を身につけ、うまくなるために通う場所です。
スポーツ少年団やより本格的な少年サッカーチームに所属していても、「よりうまくなりたいから」という理由で、サッカースクールに通う方は少なくありません。
ここで重要なのは、「サッカースクールは、どこに通っても同じ」というわけではないということです。
サッカースクールによって力を入れているポイントもさまざまですし、どの程度実力を伸ばせるのかも変わってきます。
小学生の心と体をしっかりと成長させていくためには、きちんとした視点でサッカースクールを比較検討することが重要なのです。

 

子どもに合うサッカースクールで大きな成長を

サッカースクールを選ぶ際にもっとも重要なのは、「子ども自身に合っているサッカースクールを選ぶ」ということです。
サッカースクールには、目的に応じてさまざまなタイプが存在しています。

たとえばAというスクールは「最低限の技術を身につけ、サッカーというスポーツを楽しむため」に授業を開講しています。
しかしBというスクールでは、「より本格的に選手育成を目指した練習」をメインにレッスンを行っています。
子どもがどのような気持ちでサッカースクールに通っているのかによって、どちらのスクールを選ぶべきなのかは違ってくるでしょう。

また目的が同じでも、「体力増強に力を入れたスクール」もあれば「足元のテクニックを重視するスクール」もありますし、「戦術を意識して、考える力を成長させることを狙うスクール」もあります。
どのような能力を成長させたいのかによって、やはり選ぶべきスクールは変わってきてしまいます。
用途に合わないスクールを選んでも、残念ながら成長には結び付きません。
少し面倒に思うかもしれませんが、サッカースクールを比較検討する際には慎重に行動してみてください。

 

サッカースクールを選ぶ際のポイント4つ

では具体的に、いったいどのようなポイントを踏まえてサッカースクールを選ぶべきなのでしょうか。

①まずは「スクールに通う目的」をはっきりさせましょう。
小学生であれば、「どうしてサッカースクールに通いたいと思うのか」という自分の気持ちもはっきりしているはずです。
ぜひ親子で話し合ってみてください。
親として、どのようなスクールを探すべきなのか、方向性が見えてくるでしょう。

②すでにサッカーチームに所属している場合には、チームの練習とスクールに通う時間がかぶらないことも重要なポイントとなります。
スクールでテクニックを磨き、上手になる目的は「勝てるチームへと成長するため」であるはずです。
スクールに通うことでチーム練習に参加できる時間が少なくなれば、本末転倒になってしまいます。

広い視野でスクールを選択するということです。
小学生にもなれば、友達同士、チームメイト同士で「一緒にスクールに通おう」と話すこともあるかもしれません。
しかし友だちやチームメイトにとっては「良いスクール」であっても、自分の子どもにとっても同じだとは限らないのです。
あえて友だちやチームメイトと距離を置いたスクール選びをすることで、子ども自身の刺激や成長につながることも考えられます。

コーチの指導力についてです。
サッカースクールに所属するコーチの質やスキルも、一定ではありません。
また「個人のスクールよりも海外チームスクールの方が、絶対的に優れている」と言い切れるわけでもないのです。
スクール名やブランド力だけで判断するのではなく、コーチの「教えるテクニック」にも目を向けてみてください。

大手のスクールの場合は「指導方針」をしっかりと打ち出し、その方針に沿ってコーチ陣の研修を手厚く行っているところもあります。
インターネットなどでも大々的に宣伝されていますから、チェックしてみると良いでしょう。

 

体験レッスンも受けてみましょう

・気になるスクールをいくつか見つけたら、あとは「子どもとの相性」を見極めることが重要です。
こればかりは、ネット上の情報や口コミだけでは判断できないもの。

・実際にレッスン風景を見に行ったり、体験スクールに参加してみたりすると良いでしょう。
コーチとの相性が悪ければ、残念ながら成長にはつながりません。
またサッカーそのものを嫌いになってしまう可能性もあります。

・体験スクールに参加してみて、子ども自身に手ごたえがあれば、きっと自分から「やってみたい」と言ってくれることでしょう。
スキルの向上や運動能力アップのために、非常に良いスタートが切れます。

 

小学生におすすめのサッカースクールは慎重に選ぼう

サッカースクールは、小学生にも人気の習い事の一つです。
「いきなりチームに所属するのはちょっと…」という方にとっても、比較的ハードルが低いと言えるでしょう。
しかし人気が高い分、さまざまなスクールが乱立しているのも事実です。
子どものスキルやサッカーへのモチベーション、そしてスクールに通わせたい目的によって「ベストなスクール」は変わってきますから、ぜひ慎重に選んでみてください。