1. TOP
  2. コラム
  3. サッカースクールは自分に合ったレベルのところで学ぼう

カテゴリー:

サッカースクールは自分に合ったレベルのところで学ぼう

子供をサッカーのスクールで学ばせようとするとき、プロにしたいからと未経験の状態で有名なスクールに行かせようとするときがあります。ただし、何とか入ることはできても、実力が伴わないと子供が苦しむことになるので注意しないといけません。

 

 

 

 

 

誰でも平均的に学べる地域のスクール

公立の小学校や中学校には入学試験がありません。というのも、その地域に住んでいる人が決められた学校に行くように決められているからです。しかしそれぞれの学校で学べる内容が異なるのかと言うとそうではなく、どの学校も大体同じに内容になっていて、平均的なことが学べると言っていいでしょう。それ以上のことを学ばせたいのなら私立の学校などを選択しなければいけません。

サッカースクールの選択においても同じことが言えます。子供にサッカースクールに通わせようとするとき、親はどんなスクールに行かせるか考えるかもしれませんが、まずは子供のレベルに合ったところを利用するのが良いでしょう。その時によく利用されるのが公立学校の地域ごとに設定されたスクールです。基本的にはその学校に通っている子が所属するので、比較的知っている人たち同士で学べます。また練習場は通っている小学校などになるので、こどもにも負担がありません。

コーチは地域のボランティアなどが多く、必ずしもサッカーの経験者が担当するわけではないので、高度な技術などは学べないときもあります。ただし基本的なルール基本的な技術子供が生活していく上でのマナーなどを学びながら指導が受けられるようになっています。特に年齢制限なども設けられていませんが、一応小学校に修学する年齢ぐらいからであれば誰でも入れるところが多いです。小さいころは試合などには出られませんが、ボールを追っかけて遊んだりしながら学べます。サッカーのことが全く分からない状態であったり、スポーツがあまり得意でない子でも特に区別されずに入って学ぶことができます。

元プロがコーチを務めることがあるスクール

プロ選手などが引退後にしたいこととして、指導者になりたいという希望が挙げられます。プロ野球選手などはかつてはアマチュアの指導者になる人がいませんでしたが、今は制度も変わってきて高校の指導者になる人などもいます。選手としても元プロから教えてもらいたいと考えている人もいるかもしれません。元プロですから、そのスポーツに関してはプロになるにはどうすればよいかなどを知っています。子供をプロにしたいのであれば、プロを経験している人から指導を受けるのがよさそうです。

このように、サッカーをある程度経験していて試合などにも出た経験があるレベルであれば上級のスクールを利用すると良いでしょう。元プロであったりアマチュアの中でもそれなりの経験がある人が監督やコーチを務めるスクールなので、練習なども本格的になります。ただしプロ組織とは基本的には関係がないので、そのままプロになれたりするわけではありません。あくまでも実力をアップするためのスクールになります。小学校ごとに設立されているスクールに比べるとサッカーのうまい子が多く来ているので、練習などをするときにも励みになるかもしれません。地域のスクールに比べてスタッフなどもしっかりしているので、父兄などがサポートする部分も少なくなります。その分月謝などは高くなりますが、ここで実力が上ればもっと上のスクールにも入れるようになるでしょう。

クラブチームが運営しているところに入れるか

人気のあるスポーツとして野球とサッカーがあります。野球は古くからプロチームがあり、サッカーは野球に比べるとまだまだプロができてから日が浅いと言えるかもしれません。ただ選手を育成するプログラムに関しては野球よりもサッカーの方が優れているかもしれません。野球はプロ選手になるにはドラフトにかからないといけない一方、サッカーにはドラフトなどがなく、各選手がチームと契約をします。アマチュア団体で活躍してプロチームに注目されたうえで契約するときもありますが、プロの下部組織で実力を上げてプロとして契約をしてもらうこともあります。

最後に、子供がとにかくサッカーのセンスが良くて色々なチームにおいてトップクラスの動きができるのであれば、クラブチームが運営するスクールに行かせると良いかもしれません。しかし、クラブチームが運営するスクールに入会するのは容易ではなく、全くサッカーをしたことがなったりセンスが無かったりすると入れません。スクールによって違いますが、まずは体験スクールなどに入って、その中で力を見極められます。そして一定の力があると判断されればその子の実力に合ったクラスのスクールに入れます。よって、体験スクールを経て入れた時点では一応スクールについていける状態にはなっています。ただ実力者が集まるところなので練習などをしなければどんどん追いつかれますから、大きな努力が必要になるでしょう。

 

サッカーを学べるスクールにはいくつかの種類があります。比較的誰でも入れるのが地域の少年スクールになります。サッカー経験などは問われません。クラブチームが運営するスクールだとそれなりに実力がないと入れません。