1. TOP
  2. コラム
  3. サッカースクールのレベルは高いほうがいい?

カテゴリー:

サッカースクールのレベルは高いほうがいい?

サッカースクールのレベルは高いほうがいい?

サッカースクール選びで悩んでいる方の多くがサッカースクールのレベルを気にしています。
一括りに「レベル」と言っていますが、それぞれのスクールで目的や目標や理念が違うと思いますので一概にレベルが高い低いと判断するのは難しいのが現状です。
将来を見据えて海外でも通用するような指導をしているスクールやプロを多く輩出している事にレベルを求めるのか、それとも将来社会に出た時に確固たるリーダーシップを発揮できる人材を多く輩出しているかどうかでスクールのレベルを判断するのか、人によって異なるでしょう。
ではどのような要素がサッカースクールのレベルをきめるのでしょうか。
以下にまとめてみました。

 

レベルが高いとは

施設や指導者の充実度:専用の施設を所有していて専属のコーチが少人数性に対応できる指導を行っているところは施設のレベルが高いと言えるでしょう。
スクールによってはフットサルなどのコートを使うのではなく河川敷や公園で1人のコーチが複数の生徒やチームを指導しているところもあるようです。

コーチのレベルが高い:コーチのレベルはサッカー選びの重要なポイントの1つになります。
Jリーグチームが運営するスクールは指導力に定評のある世界レベルのコーチを呼ぶことが出来ます。
一流チームでの活躍経験のある指導者はポールマスターや1V1テクニックを丁寧に指導して世界に通じる一流プレーヤーの優れた動きを伝授します。
一方、知名度はなくてもコーチの人望に定評があるスクールもあります。
高度な技術をもっているだけではなく教育者としての役割も担い子供たちの個性や人間性の育成まで手掛けているところもあれば、各種のタイトルを保持しており生徒の憧れ的な存在の指導者を抱えているスクールもあります。

活動地域が広い:一流と言われるサッカースクールは北海道から九州まで日本全国にスクールを展開しています。
そのため、転居などでスクールを変わらなければならない場合でも同じ系列のスクールに入ることが出来ますので迷いや混乱が生じません。
また、レベルの高いスクールは活動の場が国内にとどまらず海外のスクールと提携していて海外遠征の機会があります。
国内にとどまらず世界を舞台に活躍する機会が近いのもレベルが高いスクールの魅力の1つです。

安全性の充実:スクールの安全管理もレベルを決定する重要なファクターです。
レベルの高いスクールでは安全に楽しくプレーするための安心・安全への取り組みがしっかりとなされています。
スクールに通う子供たちの怪我の予防や対処に責任をもっているスクールはレベルが高いと言えます。
レベルが高いと言われているスクールではコーチが定期的に救命救急の講習を受けています。
その為AEDの操作や心肺蘇生の手順を熟知しており、熱中症を含む不測の事態に的確に対応できます。
また、サッカーを含むスポーツ障害の大部分を占める脳震盪を防ぐためのヘッドガードを徹底させている事も重要です。
さらに、サッカー競技での深刻なアクシデントとしてゴールの店頭があります。
ゴール転倒の予防がちゃんとなされているかも安全性を重視するサッカースクールのレベルに直結します。

費用:知名度の高いコーチを揃え、最新の機材や高価な施設を提供しているサッカースクールは費用もそれなりにかかります。
入会金や月謝は勿論、遠征時に使用する交通機関も公共のものではなくチャーターを利用するので固定費以外の出費も多くなりますが「一流感」を体験する事はお子様の将来にとって最高の糧になると思います。
高い費用もスクールのレベルを反映しています。

口コミ:サッカーを初めて日の浅い子供や運動神経に自信のない子供も楽しんで通えるような環境を整えているスクールは口コミから見つけることが出来ます。
コーチの履歴やスクールの概要だけでは判断できない「真のサッカースクールレベル」が見えてきます。
有名なコーチや高価な機材をそろえているスクールだけが「レベルの高いスクール」とは限りません。
また、レベルが高いと言われているサッカースクールに子供を通わせている親たちの本音が聞けるのも口コミです。
レベルの高いサッカースクールは競争も激しく、調和を好む心の優しいお子様には合わないかもしれません。
広告の謳い文句だけでは伝わらない真の価値やレベルを感じられるのも口コミです。

 

対象となるレベルはそれぞれ違う

サッカースクールに何を求めるか、大切な我が子に何を与えたいのか、で対象となるレベル感は変わった来ることでしょう。
大切な我が子の将来につながるかもしれないサッカースクール選びは非常に重要です。
安全面や高価な費用に対する効果から検証すると、やはりレベルが高いスクールにはその名前に匹敵するだけのバリューがあるようです。
さらに将来の発展性を考えるのであれば活動地域の広さも押さえておきたいポイントになります。
これらのファクターから総合的に判断すればやはりレベルの高いサッカースクールからは得られるものも多いようです。