1. TOP
  2. コラム
  3. サッカースクールで上達するには

カテゴリー:

サッカースクールで上達するには

サッカースクールで上達するには

サッカーの上達にはどういった事が必要になってくるのでしょうか。
日常でもちろんサッカーに触れる事は大前提ですが、上達の近道は、部活動やスクール等の存在が欠かせなくなります。
子供の成長の為に、どういった選択をしていけばいいのでしょうか。
上達する為のスクールの主な特徴と、保護者としての対応の仕方を挙げていきます。

 

最初は好きということを大切にしていく

お子さんがサッカーに興味を持つのは、ボールに触れた事がきっかけであったり、テレビで有名なプロ選手のプレーを見た事であったりと様々でしょう。
憧れから、サッカーのスクールに通いたいと言われることもあるかもしれません。
また、御両親がサッカー好きで、お子さんにサッカーをしてほしいと習い事をさせることも、きっかけであったりしますよね。
初めてサッカーを知った時、楽しいと夢中になるはずです。
お子さんがサッカーを好きでするということが、継続して続けることに繋がります。
そして、継続して続ければ必ず上達していきます。
お子さんが好きという気持ちを、尊重してあげることが大切です。
お子さんに確固たる目標(プロのサッカー選手になりたい)がないのであれば、無理にサッカーをさせるのではなく、楽しさを覚えてもらう環境を作りましょう。
サッカーを続けていくうちに、どんな形でサッカーに携わっていきたいのか、お子さん本人の気持ちが見えてくると思います。
プロとして活躍していきたいのか、部活動やスクールの範囲内で上達したいのか
お子さんが話をしたときはゆっくりと話を聞いて、目的にあったスクールを利用していくといいでしょう。
スクールにも合う合わないがありますし、お子さんの気持ちと成長に合わせて選んでください。
優しく根気強く見守っていけば、きっとお子さんもその愛情に答えてくれますよ。

 

自分の力量に合わせた指導をしてくれるスクール

目的が定まってきたら、お子さんのレベルに合わせてトレーニングをしていくことが必要になります。
素人ではわからないので、コーチやトレーナーにお子さんに合った、練習メニューを決めてもらいましょう。
この時、コーチやトレーナーも選手としての実績経験がある方、有資格を保持している方の下、指導を受けることをおすすめします。
中にはプロのサッカーチームや、サッカー協会と提携して指導に力を入れている、本格的なスクールもあります。
特にプロ思考のスクールは、元Jリーガーが指導者として働いていたり、プロデュースやアドバイザーに有名サッカー選手や元選手を起用していることがあります。
またチャンスがあれば、プロのチームと交流を持てたりする事もあります。
現役選手として活躍していた方であれば、上達のコツや効率の良い練習方法を教えてくれるからです。
またバックで有名選手がサポートしていると知れば、お子さんのモチベーションにも繋がりますよね。
プロ思考のスクールともなれば、練習メニューには激しいものから、多人数を交えた本格的な試合もあります。
こういった練習中、怪我に合わないようしっかりと管理ができる人材がいることは貴重です。
スポーツに怪我は付き物です。
万が一怪我が起きてしまった場合も、きちんと対応、説明責任を果たしてくれるスクールを選ぶことが、子供の安全にも繋がります。

 

心の成長も上達の道に繋がります

お子さんがスクールでサッカーを続けていくに辺り、多くの人がいる場面で社会性を学んで行くことになります。
沢山の人とコミュニケーションを取ることによって、どんな人とも臆することなく話せるようになります。
また、サッカーはチームプレーなので協調性や仲間意識が重要になってきます。
指導者の方もこれを理解しているので、サッカーだけでなく、レクリエーションや美化活動のボランティアも行います。
サッカーを通して一緒に内面的成長の手助けをすることができ、強い心と真面目な精神を作ることができるのです。
こうすることで、困難なことが起きてもそれに逃げずに向き合う、何かあれば仲間を気遣うことができるようになるのです。
それはサッカーの試合や練習でも活かされ、ポジティブで強い選手へと成長が促せます。
とはいえ、一人一人性格がありますし、全てのお子さんに合う指導法は存在しません。
お子さんの個性に合わせて、メンタル面もケアができなければ精神的成長ができません。
少人数の指導もいいですが、そういった場合は、指導した人数が多いスクールの方が、ノウハウが充実しています。
また保護者の方と、指導者の方がしっかりと連絡をし合える方が、お子さんの変化やケアが柔軟に行えるでしょう。

〇まとめ
サッカースクールにお子さんを預ける場合、全国や世界に展開しているスクールであるかは大切です。
万が一引っ越しすることになっても、分校があれば情報を引き継ぐことができます。
転校先でも、お子さんの能力に合わせた指導ができるスクールがいいでしょう。
また生徒さんの数が多い方が、お茶当番などの当番制が無いので保護者の方の負担が少ないです。
その分、お子さんのサポートだけに集中できますので、練習日の内容はHPで確認するのがいいでしょう。