1. TOP
  2. コラム
  3. サッカースクールの練習内容とは

カテゴリー:

サッカースクールの練習内容とは

サッカースクールの練習内容とは

今大変人気になっているのが子供のサッカースクールです。
体をしっかり健康な体をつくる上でも大変有効です。
そんな人気のサッカースクールですが実際どの様な練習を行っているのでしょうか。
ここではそんなサッカースクールの練習内容を詳しく紹介しているので、これから我が子をサッカースクールに通わせようと思っている方はぜひ参考にして下さい。

 

年代に合った練習内容でボールに慣れる

体を鍛える為にも大変効果的なサッカースクールですが、現在たくさんの人が参加しています。
そんなサッカースクールには幼稚園児の様に小さなお子様から参加をし、楽しくサッカーを練習しています。
そんなサッカースクールにこれから通わせようと思っている方もいるかもしれませんが、やはり気になるのは練習の中身ではないでしょうか。
実際サッカースクールに入った場合どの様な練習をしているのでしょうか。

〇練習メニュー
まず練習メニューは年代によっても異なります。
幼稚園児の様にまだ小さなお子様の場合はボール自体に慣れていない子も多いので、まずはボールに慣れることから始めます。
練習といってもまだ始めたばかりですから皆で楽しくボールに触れあうことを意識した練習になります。
みんなでボールを追いかけて蹴るなど、サッカーは楽しいと思える様な練習内容になっているでしょう。
また、足で蹴るだけではなく手で投げたり遊びを通して徐々にサッカーというスポーツを学んでいきます。
小学校低学年になると練習のレベルが上がり遊びからスポーツへと徐々に以降していきます。
ただしまだ低学年の場合もボールに慣れることを主に練習メニューの中に入れているのでボールを蹴ってドリブルをしてみたりリフティングなども徐々にメニューの中に入れていきます。

 

基礎から応用へ徐々に練習メニューもレベルアップ

小学生の内はまずはサッカーの基礎を覚えることが主流となります。
高学年にもなると試合形式でより本格的な練習になっていくでしょう。
ゲームの仕方も理解している為ドリブルやパストラップなど試合の中でどの様に活かしていくのかなどの練習もしていきます。
またチームプレイでどの様に守りと攻めを行うのかなど、よりサッカーを本格的に学んでいくでしょう。
中学生以上になると練習もチームプレイと個人プレイどちらも練習する必要が出てきます。
ボールの維持の仕方や味方へのパスの仕方、そしてタイミングなど、より実践で活かすことが出来る練習メニューとなるでしょう。
また本格的にボールコントロールの仕方などを学ぶことでいかに相手に攻めていくのかなどしっかり学んでいきます。
サッカーは何事もタイミングが大切です。
パスをするタイミング、ボールを蹴るタイミングなど、いかに良いタイミングでボールを動かすかがとても重要になる為、練習を通して動くべきタイミングを学ぶことが出来るでしょう。
年代別によって練習の中身は異なりますが、最初はボールに慣れる練習、そして基礎、応用と徐々に練習の中身もレベルアップしていきます。
また、個人プレイだけではなくチームプレイも大切になるスポーツなのでその部分もしっかり練習を積み重ねていくでしょう。

 

個人プレイとチームプレイのどちらも学べる

年齢が上がるにつれ練習メニューもより本格化していきます。
インサイドで蹴ってボールコントロールする方法や相手に正確にパスを回す方法など、細かな技術の練習が試合で活かせる技術を身に付ける為にも大切です。
サッカーは個人プレイも大切ですがチームプレイも大切です。
その為、個人練習だけではなく、チームでの練習もしっかり行っていくでしょう。
子供の場合、吸収も早くどんどんレベルも上がっていきます。
しかし練習をしなければ技術は身につかないのでしっかり練習しなければいけません。
サッカークラブではそんな練習を基礎から学ぶことが出来ます。
サッカーをすることで体力をつけることも出来ますし、健康の面でも良いことばかりです。
また、練習メニューも徐々にレベルアップしていきますし、個々にしっかりサポートしながらレベルアップ出来る練習メニューになっているので安心して練習をすることが出来るでしょう。
サッカースクールは男の子の習い事の中でも大変人気になっています。
また、ハードな練習だけではなく、楽しみながらサッカーを学べる練習メニューになっているので大変おすすめです。
またサッカースクールによっても年代別練習メニューが異なるので興味のあるサッカースクールに練習メニューを聞いてみましょう。

〇まとめ
男の子に人気の習い事の一つにサッカーがあります。
サッカースクールでは年代に合わせた練習メニューを用意しています。
幼稚園児であればボールに触れる練習であったり、遊びの中からサッカーを見につける練習を行っています。
また年齢が徐々に上がればそれに合わせて個人プレイの練習からチームプレイの練習へと進みより本格的な練習メニューになるでしょう。
近年では挨拶などもしっかり行うことが出来る様に指導に力を入れているサッカークラブもあります。
練習メニューも各サッカーチームによって異なるのでぜひチェックしてみましょう。