1. TOP
  2. コラム
  3. サッカースクールの出張指導とは?

カテゴリー:

サッカースクールの出張指導とは?

子供にサッカーを学ばせるとき、一般的なスクールであれば定期的に練習などが行われる仕組みになっています。

それ以外にもサッカーを教えてくれるサービスがいくつかあるので、より上達したいときに活用できるかもしれません。

団体などが限定的に高度な指導を依頼

スポーツに関するチームや団体にはいろいろあり、大人たちが趣味感覚で集まって行うものもあるでしょう。

もう少し本格的になると一定の組織に登録をして、その組織内の大会などに参加などをするようになり、さらに本格的になると勝つことを目的として監督やコーチなどをつけて行うようになります。

大人同士のスポーツのチームには必ず指導者がいるわけではありませんが、子供のスクールとなると大抵は指導者などがいます。

ただ小さいスクールとなると、経験がない人が指導をしているときもあります。

地域で行っているサッカースクール等でもボランティアなどがコーチをするところもあり、子供たちにあまり本格的な指導を提供できないときがあります。

そこでこれらのスクールが利用するのが出張指導です。

プロ経験のある人や一定の資格を持った本格的なコーチを希望に応じて派遣してくれる仕組みで、限定的に来てもらうことができます。

サッカー経験のない人だとルール程度しか子供に教えられないときもありますが、本格的にサッカーをしている人だといろいろな練習の仕方なども教えてもらえます。

あくまでも限定的なので、何度も利用することはないかもしれません。1年に1回元プロ選手などのコーチに依頼をしたりしてスクールの子供たちに楽しんでもらいます。

本格的な練習ができるほか、元プロ選手に会える楽しみもあります。

事前に一定の地域で募集をかけて指導を行う

子供にサッカーをさせようと地域のスクールに入れたり、親が練習相手になったりしている人がいるかもしれませんが、一応ボールを蹴ることはできても、高度な技術となるとまだまだ足りないようです。

こんな時に利用してみたいのが出張指導タイプのサッカースクールの特別開講です。

元プロ選手などが一定の地域において特定の日の開催分の募集をかけ、応募した人たちに対してサッカーを教えてくれます。

料金はその都度異なり、ボランティア的に行っているタイプだと無料の時もありますが、そのようなスクールは応募も多いので、なかなか抽選に当たらないときもあります。

主に土日などに開催され、親なども同伴で参加できるようなところが多いです。

参加する人も様々で、サッカー経験のない子もいれば、地域のスクールに入っている子、それなりに実力のある子などが参加して主催者側を驚かせるときもあります。

イベント的に行われるので、楽しみながら参加ができます。

個人的にコーチに来てもらって指導を受ける

サッカーで必要な技術としては、リフティングなどボールを扱う能力であったり、ドリブルでボールを進める能力、狙ったところにきちんとボールをパスできる能力などが必要になります。

これらをしようとするときは、一応一人でも練習は可能ですが、一人で練習はできても、それを指導してくれる人がいないと間違いなどを指摘してもらうことができません

出張指導では、コーチに希望の練習場に来てもらいます。

基本的にはマンツーマンでサッカーの技術の指導をしてもらうので、サッカーに関する個人技術を磨くのに適していると言えるでしょう。

以上のように、学校やスクールなどが限定的にコーチに来てもらって練習をすることができます。

その他元プロのコーチがイベントとして練習を開催してくれる時があり、応募などをして参加する場合もあれば個人レッスンのコーチとして来てもらうこともあります。

子供対コーチのマンツーマンでサッカーの技術を磨かせたい場合は、出張指導を依頼するというのも有効的な手段と言えるでしょう。