1. TOP
  2. コラム
  3. サッカースクールを掛け持ちするメリットって?

カテゴリー:

サッカースクールを掛け持ちするメリットって?

子供にサッカーをさせる時、まずは1つのスクールを選んで通わせるかと思いますが、そのうち子供がサッカースクールに慣れてく余裕が出てくるかもしれません。その際、1つのスクールで物足りなさそうにしているようであれば、別のサッカースクールに通わせるのもいいかもしれません。

 

 

 

異なる指導方法のスクールで学べる

のびのびスポーツができる環境を提供しようとするところではあまり厳しい規則などは設けていません。もちろんルールなどを守る必要はありますが、その範囲内で子供たちがのびのびプレーするのを第一にしています。目的がただ体を動かすためである場合にはうってつけの習い事だと言えますが、技術の向上のための指導などはあまり行われないのでどんどん実力を伸ばしたい子には合いません。一方でスポーツの技術を向上するための専門的なスクールもあります。誰でも入れるわけではなく、スクールに入る時には一定の選抜などを行って定員なども決めています。トップクラスの選手になれるような指導を各年代ごとに行う仕組みになっているので、こどもにとっては厳しい環境の中でスポーツを行っていくことになります。

サッカースクールとの掛け持ちを検討する場合、このように別のスクールに入会することで異なる指導方法の元でサッカーを学べるところでしょう。のびのびタイプとスパルタタイプとなるとかなり違いがありすぎますが、トップクラスのスクールでも指導者が違うと結構行っている内容も異なります。子供に対しては基礎的な技術を優先するところもあれば、どんどんプレーをさせて実力を伸ばしていこうとするところもあります。親としてはできるだけ指導方法に差があるところを選ぶ必要があります。似たようなところだと同じところに2回通うのと同じになります。

目的によって変更する

サッカーは個人スポーツではなく集団で行うスポーツです。ピッチに立てるのは11人で、その他補欠などであれば試合の途中で交代して試合に出られる可能性があります。それぞれの試合によって補欠の人数なども決まっているので、11人プラス何人かがレギュラーとしてその日に試合に出られる可能性があります。レギュラーから外れれば当然ながら試合には出られません。応援席などでチームを応援するだけになります。

子供にサッカーを習わせようとするとき、できるだけ実力をつけてほしいと考える人は、子供の実力に合ったスクールを選ぶことをおすすめします。つまり真面目に練習していればレギュラーにはなれるようなところです。こちらであれば試合に出ることができるので、試合勘をつかむことができます。基本的な練習ばかりをしていてもなかなか試合で実力が発揮しにくい上に、実践的な練習でも試合とは異なるために実力が出にくい時があります。試合に出て買ったり負けたりする経験ができるのもいいかもしれません。

一方実力をつけたいなら子供の実力より少し上のサッカースクールと掛け持ちすると良いでしょう。プロの下部組織やそれに近いところです。自分の子供以上の実力のある子がたくさんいるので、レギュラーになれる可能性は少ないかもしれません。試合に出るのが目的ではなく、上のレベルの組織で練習させることで実力アップを目指します。もちろん試合に出るのを目標にさせて取り組ませます。

曜日が異なるスクールに通って実力アップ

中学や高校のクラブ活動は、クラブの種類にもよりますが平日の放課後に行われることが多いです。特にスポーツ系のクラブ活動は活動が盛んで、毎日のように行われることが多いです。厳しいところだと放課後だけでなく朝練習などがあったり、土日などの休みに練習をするところもあります。生活としてはハードになりますが、その分実力などをアップさせやすくなるかもしれません。

サッカースクールを利用するとき、スクールによって実施する曜日が異なるときがあります。まずあるのが土日や祝日を中心としたスクールです。それ以外に平日の夕方に行うスクールがあります。平日の夕方となると毎日行うのは難しいからか、月曜日と木曜日だけ、火曜日と金曜日だけのところもあります。月曜日と木曜日のみ開講しているスクールとなると、週に2日しかスクールに行くことができません。自由な時間はたくさんありますが、そこではあまり実力アップができないかもしれません。そこでサッカースクールの掛け持ちを考える上で、開講曜日が異なるスクールであるかを確認することをおすすめします。月曜日と木曜日のスクールに行っているなら、火曜日と金曜日に開校しているところや、土日などに開校しているところを利用します。これによって1週間のうちにサッカーに触れられる時間が多くなります。練習や試合などを多く行うことができれば、その分サッカーボールにも慣れやすくなります。自由時間は少なくなるものの、サッカーに専念できる時間が多くなるのでどんどん実力アップできるかもしれません

 

複数のサッカースクールに通っている子供も中にはいます。運営者が異なるところでいろいろ学ばせたる為もあれば、レギュラーが取れるところで実践的な力を身につけさせたり、実力を上げるためにレギュラーが一筋縄では取れない厳しいところに通わせたりと、目的は様々です。以上の説明を踏まえて、子供の様子に合わせて、サッカースクールの掛け持ちを検討してみると更なる成長につなげられる可能性も高いです。