1. TOP
  2. コラム
  3. サッカースクールでママ友はできる?

カテゴリー:

サッカースクールでママ友はできる?

サッカースクールでママ友はできる?

 

サッカーは団体競技なので大勢の子供が集まることになりますが、そうなると親御さんも、サポートのために一箇所に集まることが多くなります。

そこで生まれるのが親御さん同士の付き合い。

お母さんの場合はいわゆる「ママ友」とのお付き合いが始まることになります。

サッカーチームでは高確率で発生する、親御さん同士の濃厚な人間関係。

では、スクールでもママ友はできるのでしょうか?

 

ママ友は心強いけどトラブルの種でもある

サッカーチームに入ると、どうしても最低限のママ友との付き合いは避けられません。
たいていは保護者会などのサポートの当番があり、練習を見守る親御さんも多いので挨拶ぐらいはしないといけなくなります。

もしあなたが社交的であれば、どんどん話しかけて親しくなることもできるでしょう。
そうなればお子さんのチームメイトのことや地元のことなど役に立つ情報を教えてくれるかもしれませんし、困ったときに助け合うこともできます。

しかし反面、サッカーチームのママ友はトラブルのもとでもあります。
チームの場合にはどうしてもお子さんにレギュラーかそうでないかの格差が出ます。
また、同じチームにいるお子さん同士でも家庭環境がかなり違うこともあります。
スポーツ少年団や部活のサッカーチームはそういった火種をつねに抱えています。
高い意識を持つお子さんが集まるクラブチームならその点ズレは少ないですが、そのぶん親御さん同士の競争意識も熾烈です。

子供のスポーツでつながったママ友は、環境や考え方などいろいろな違いが表に出やすいうえライバル意識やジェラシーも生まれやすく、ギクシャクしやすい関係でもあるのです。

 

サッカースクールでもママ友はできる

サッカースクールでも練習を見守っているママさんはいて、近くで見守りをしていれば自然に話すようになる、ということはよくあります。
送迎のときに顔を合わせる機会もあるでしょうし、お子さん同士が仲良くなることもあるでしょう。
また、定期的に親御さんにカリキュラムや指導方針を説明する会合を開いているスクールも多く、そういう場で親しくなるチャンスもあります。

とはいえ、チームに比べたら、ママ友が出来る可能性はぐっと低いといえます。
どうしても話さなくてはいけない、という場面がないからです。
もしスクールでママ友がいればな、と思っているなら、積極的に話しかけてみる努力が必要です。

 

サッカースクールのママ友にはしがらみがない

スクールで作るママ友の最大の魅力は、「利害関係がないから気楽」ということになるのではないでしょうか。
サポートの仕事をめぐって調整しなくてはならなかったり、レギュラーの親御さんと控えの親御さんの間でなんとなく溝ができたり、いろいろ厄介なことが絡むチームのママ友とは違い、一緒にサッカーを習っているだけでライバルでもないスクールのママ友は圧倒的に気楽な関係です。

同じようにサッカーを愛するお子さんを持つ者同士、気を使わなくていいとなればおしゃべりも弾むでしょう。

 

サッカースクールのママ友はレベルが近い

通っているスクールやコースにもよりますが、同じコースに通っているお子さんは比較的サッカーの技術レベルが近く、親御さんの考え方もわりと似ていることが多いようです。
とくに大手系や海外系の技術重視のスクールには意識の高いお子さんが集まりやすく、話が合うママ友になることが期待できるかもしれません。

 

サッカースクールのママ友の情報は高価値

サッカースクールに集まる生徒さんたちは週末には別々のチームに所属していることが多いので、ママ友になれば自分のお子さんとは違うチームや違う地域の話が聞けるでしょう。
もし、お子さんが年少のコースに通っていてこれからどのチームへの入団を目指すか迷っている、というような状況なら、自分のところはこのチーム、あのチームは評判がいい、というようなママ友の話は貴重なヒントになるかもしれません。
チームという枠に縛られないぶん、スクールのママ友の話は価値が高いのです。

 

送迎を交代でやったりもできるかも

もしスクールでできたママ友が近所に住んでいるなら、送迎の相談をしてみるのも手でしょう。
お子さんをサッカースクールに通わせるときに、一番心配なのが帰りの夜道です。
平日の放課後がスクールの時間になるので、どうしても帰りが遅くなるのです。
ですから迎えに行ってあげたいのですが、毎回夕飯どきにかけて家を空けるのはスケジュールとしてかなりの負担。
そんなときママ友と協力しあえば、送迎がぐっと楽になるかもしれません。

 

スクールのママ友は貴重な存在になる

サッカースクールでママ友を作れるチャンスはけっして多くはありません。
が、もし作れたならばいろいろな意味で貴重な存在になります。
もしお子さんに同じコースで仲良くなった子ができたり、また練習場で何度も同じ人と遭遇したりするようなら、積極的に縁をつないでみてはいかがでしょうか。