1. TOP
  2. コラム
  3. サッカースクールで重視した方がいい比較ポイントは?

カテゴリー:

サッカースクールで重視した方がいい比較ポイントは?

サッカースクールで重視した方がいい比較ポイントは?

日本サッカーもW杯の出場だけでなく、W杯でどこまで戦えるかというレベルにまでなりつつあります。
また、それを応援するサポーターも世界から見ても絶賛されるレベルの素晴らしいサポーターです。
それだけ日本にもサッカー文化が浸透してきたと感じます。
これからの日本サッカーを支えるのは、サッカーに興味をもった子供たち、サッカーをプレーしている子供たちです。
ゴールデンエイジと呼ばれる小学生やその下の年代の子供たち、スポンジのようにあらゆることを吸収していくこの年代にこそキチンとしたサッカーの楽しさを知って欲しいと考えています。

 

レベルを決めないでサッカーの楽しさを感じてもらう

サッカースクールは全国に数え切れないほどあります。
子供がサッカーに興味を持ち、サッカーをプレーしてみたいと思うことに対して、親は応えてあげたいと思うことでしょう。
そのようなときに、まず迷うのがどのサッカースクールに行けばよいかという事です。
親の目から見て、高いレベルのチームに入れたい、少しでも上手になってほしい、そう願うのは仕方ありません。
しかし、実際にサッカーに興味を持ち、プレーをするのは子供です。
ゴールデンエイジと言われる年代の吸収力はもの凄く可能性を秘めています。
「ウチの子供は」という概念を少しだけ控えめにして、子供がサッカーをやる気になった事を重視してあげると良いかもしれません。
どこのスクールでも体験練習などを行っていますから、何度か通って雰囲気に慣れたりしてから決める事も出来ます。
その時に、子供さんの様子をジックリと観察してみて下さい。
今までと違って、困ったり、戸惑ったり、嬉しそうな笑顔を見せたりするはずです。
ただ単に、そのスクールの試合の戦績だけでなく、子供さんがどう感じるかをよく聞いてあげてください
体験するときに、他の学年の練習にも目を配ってみて下さい。
コーチの様子、子供たちの様子を見ていると、そのスクールのカラーが見えてきたりします。
学年が上がれば、子供たちにも欲が出てきます。
自然と試合の結果にも拘るようになります。
それは自然のことなので、高学年の試合に対する高い意識を、低学年や学年問わず初心者は気にする必要は無いかもしれません。

 

プレーヤーである子供の意見を尊重してみる

サッカースクールを選ぶ際に、体験練習を何度か重ねる事が大切です。
一つのチームだけでなく、いろいろなチームで体験をさせてもらうと、はっきりとカラーの違いが判ってきます。
低学年であれば送迎も関係するので、距離的な事や練習時間の制限も出てくる場合がありますが、そこを考慮したうえで決めれば良いことです。
実際にプレーをするのは子供さんですから、体験をして合う合わないを決める事が大切です。
保護者の方が熱い気持ちになりすぎてしまい、プレーをするなら強いチームで、ということは良くあります。
しかし、サッカーを始めたいと思う子供さんの気持ちは「楽しい」から始まっているはずです。
まずは子供さんが楽しく通えるかを尊重してみても良いかと感じます。
サポートする保護者の方の気持ちも大切です。
強くなってほしい、サッカー選手になってほしい、友達をたくさん作ってほしい、その願いは千差万別です。
しかし、サッカーを通じてそのようなことを実現するためには、まずは子供さんがサッカーを好きにならなければ始まりません。
サッカーを好きになり、サッカーを続けるにはどうしたら良いかを考えてみます。
子供は上手くなりたい、シュートを決めたい、カッコよくドリブルしたい、強いシュートを止めてみたい、というように夢と期待を持ってサッカーを始める決意をしたわけです。
その夢の第一歩が、試合に出る事が出来るということです。
練習よりも試合が楽しいのは誰でも同じです。
試合に出る事が出来る、そしてチームの一員として頑張ることが出来る、低学年では特にその可能性が高いチームを選んでみても良いかもしれません。

 

選ぶポイントを整理して考えてみる

★まずは重ねて言いますが、子供さんが選択するチームを重視するという点です。
ゴールデンエイジと言われる年代の子供の感性は、大人では感じる事が出来ないような鋭さを持つ場合もあります。
その子供さんの意見を尊重してみることです。
★実際にそのスクールが通う事が困難な遠方であってはいけないので、あらかじめ送迎が可能であるかを含めて体験の申し込みをしておきます。
そのうえで、子供さんの意見と感性を尊重して意見を聞きます。
そこに保護者の願いをスパイス程度に少々取り入れて選んでみて下さい。
送迎も、これならば本当に無理はない、というところを選ばないと長く通うのですから余裕をもって考えておくことが大切です。
子供さんファースト、そして保護者の送迎可能、と選ぶポイントを上げましたが、もう一つポイントがあります。
★それは、他の競技と並行していても可能かという点です。
例えばスイミングを習っていて、サッカーも同時にという場合を想定します。
2つの競技を高いレベルで習う事は、ゴールデンエイジの場合、どちらの競技にもプラスに働くというデータもあります。
そこが可能かという点も確認をしておくと良いかも知れません。

〇まとめ
子供がサッカーを始めるにあたり、どのサッカースクールを選ぶかが重要になります。
実際にコーチの指導を受けて練習している子供の姿を見てみることが大切です。
そのうえで体験練習に参加して、子供さんの気持ちと保護者の願いと条件が一致したチームに決めればよいと考えます。