1. TOP
  2. コラム
  3. サッカースクールの費用はどれぐらい?費用の仕組みとは

カテゴリー:

サッカースクールの費用はどれぐらい?費用の仕組みとは

子供にサッカーを習わせようとスクールに通わせたのに、お金の負担が大変で通わせられないとなると子供がかわいそうです。そうならないようにどんなお金がいつどれくらいかかるのかの仕組みを調べて、負担が可能なところを選びましょう。

 

 

 

 

入会金や毎月の指導にかかるお金

もし子供をサッカースクールに通わせようとするとき、費用が何にどれくらいかかるかを確認しておきましょう。これを事前に知っておかないと、せっかく子供が興味を持ち出して通っているのに、親が払えないと継続して通うことが困難になってしまいます。特に実力がある子だとスクールとしても退会させるのは惜しい人材として、強く引き留められケースもあるでしょう。

まず第一に必要になるのは入会金です。入会をするときだけ必要になり、その額面はスクールの運営母体によって異なります。小さな組織なら数百円から1万円ぐらいのところもあるかもしれません。次に毎月の指導にかかる月謝があります。こちらはこれから毎月払っていくお金になるので、払い続けられるお金でないといけません。入会金同様スクールによって差があり、小さい組織なら数千円程度で可能でしょう。しかしプロが運営するところになるともう少し高くなるときもあります。入会金や月謝が安いからよくないわけでもないですし、高いから良い指導を受けられるわけでもありません。スクールに通わせる前にじっくりスクールの内容を吟味して選ぶ必要があるでしょう。

ユニフォームやボールなど備品にかかるお金

スポーツをするとき、行うスポーツによってかかるお金が変わります。道具などが必要なスポーツだとどうしてもお金が必要になりますし、全く必要ないものであればゼロ円で行い続けられるものもあります。ウォーキングやジョギングを一人で行う分には特に道具もウェアも必要ないでしょう。自宅にあるものを利用すれば行えます。しかしモータースポーツや自転車、ゴルフなどとなるとまず道具が必要になります。それらをそろえるだけでも大変かもしれません。

サッカーも同様で、スクールに支払うお金以外には自分自身にかけるお金が必要になってきます。スクールの方でユニフォームが指定されるのであれば、それを購入する必要があり、数千円から1万円以上するときもあります。また、ユニフォームなどは子供が成長するにつれて買い替える必要があるので、1年に1度は一新するつもりで計画を立てた方がいいかもしれません。それ以外に必要になるのがサッカーボールです。こちらは特にスクールから買うように言われないかもしれません。しかし自宅で練習をするのに必須になります。上手くなる人はサッカーボールを抱いて寝るぐらい常にサッカーボールに触れていると言われます。ただし、サッカーは他のスポーツに比べると道具が少ないので、必要最低限ユニフォームとボールさえ揃えられれば問題ないと言えるでしょう。

練習場や試合などに行くときの旅費

子供をサッカースクールに行かせようとするとき、移動費のことも忘れてはいけません。地元の小学校単位で開かれるスクールであれば、練習場は地元の小学校のグランドが多くなるので、特に通うためのお金は必要ありません。試合も近くの小学校のスクール同士で行うことがあり、自転車で行けるところが多くなると考えられるので、旅費などはあまりかからないと言えます。

一方上級のスクールやクラブチームが運営するスクールとなると、練習場が地元にない時があります。自転車で通えないならバスや鉄道が必要になり、場合によっては親が車で送迎しないといけないときもあります。上級のスクールだと試合に行くときも遠征をすることがあります。子供のスクールだとそれほど遠くには行かないでしょうが、同じ都道府県内や地域内を移動することがあります。スクールによっては専用バスを持っているところもあるでしょうが、その負担金などを支払わないといけないときもあります。

 

どのスクールでも入会金と月謝が必要になります。スクールによって金額はかなり異なります。ユニフォームやボールなどの備品が必要ですが、こちらはあまり大きな負担にならないでしょう。移動のためにお金が必要になるときがあります。