1. TOP
  2. コラム
  3. サッカースクールに入る時に加入するスポーツ安全保険って?

カテゴリー:

サッカースクールに入る時に加入するスポーツ安全保険って?


サッカーは走りながらボールを蹴るスポーツであるため、擦り傷などが絶えないスポーツと言えるでしょう。

ルール通りにプレーしていても、全く怪我をしないとは言えません。

スクールに通うなら、怪我に備えた保険に入ると良いでしょう。

 

スクール参加中の万が一に備える

人によってこれまでの人生でけがや病気をした経験は異なるでしょう。

何十年も生きてきて全くけがも病気も経験したことがない人もいます。

一方で毎年のように骨折をしたり病気をする人もいます。

病気の場合は体質などもあるので自分では気を付けられない部分もありますが、けがに関しては注意をすることで軽減できるかも知れません。

一般的に、子供であれば自宅と学校で多くの時間を過ごし、大人なら主に自宅と職場が生活の場となるでしょう。

そして、怪我が多い職場で働く人は注意が必要ですが、それ以外の場合はあまり注意をしなくても怪我などをしないと思います。

しかし学校以外にスポーツをするとなるとけがをする可能性が大幅にアップします。

そこでサッカースクールに入る時にスポーツ安全保険に入るように言われることがあります。

スクールへの入会金や月謝の他、保険のための費用を徴収されます。

これによってスクールに参加している最中に起きた万が一に備えることができます。

サッカーで多いのはどうしても骨折などになるでしょう。

激しくぶつかるスポーツなので、全くけががないわけではありません。

その他試合など遠征中にトラブルに見舞われてけがをするときもあります。

これらに関しても給付を受けることができます。

スポーツは安全に行えるようにルールが決められていますが、ちょっとした油断でけがに繋がる場合があります。

万が一の備えが必要なことを知っておきましょう。

どんな給付を受けることができるのか

普段、私達は色々なトラブルに備えて保険に入ることも多いでしょう。

その中でも死亡保険や医療保険、自動車保険、火災保険などが良く加入する保険になりそうです。

もちろんそれ以外に何らかのリスクを感じるならその都度入るようにすればいいでしょう。

ところで、子供をサッカースクールに入れる時に、スクールの方からスポーツ安全保険に加入する必要があるので手続きをするように言われるかもしれません。

手続き自体はスクールが代行してくれるケースもあり、書類に必要事項を記入して年間の保険料を支払います。

保険料自体は年間千円以下ぐらいなのでそれほど大きな負担ではありません。

しかし、入るように言われたので何となく入ったが、果たしてどんな給付が受けられるのか分からないといった方もいらっしゃるでしょう。

まずスクールの活動において亡くなったときには死亡保険金が受けられます。

同様にけがによって後遺障害が残ったときにも一定の保険金を受けることができます。

よくあるのはけがになるでしょうが、入院をしたときには入院保険金が受けられますし、骨折のときに手術が必要になれば手術保険金が受けられます。

入院するほどでもないが通院によって治療をするときには通院保険金が受けられる場合もあります。

自分自身の体以外の部分としては賠償責任保険があります。

スクールへの参加中に何らかの損害を発生させたとき、それに対する損害賠償が必要になるときがあります。

その時に一定の補償をしてもらうことができます。

サッカーの試合中で相手にけがをさせてしまったときなどに給付が受けられます。

入るときに必ず加入しないといけないか

会社等に入社すると、会社に出入りしている生命保険のスタッフがやってきて保険の加入を勧めてくる場合があります。

会社と一定の契約を結んでいるらしく、そのスタッフから加入すると団体割引が受けられるなどと言われるときがあります。

もちろん必ず入る必要はなく、自分の判断で加入するかどうかを決めればよいでしょう。

一方自動車を購入した時には自賠責保険に加入しなければいけません。

これは法律で加入しないといけないと決められているので、必ず手続きをしなければいけません。

公的な保険なども必ず加入しないといけないものがあります。

ではサッカースクールに入る時に加入するように言われたスポーツ安全保険はどうなのでしょうか。

この保険はスポーツ安全協会が運営をしている保険で、スポーツ中に起きた様々なトラブルにおいて一定の補償が受けられるようになっている保険になります。

保険には個人向けと団体向けがあり、スクールに加入する時には団体向けの保険に加入するように言われます。

スクールに通う人は多くが入っているようですが果たして加入する必要があるかです。

既に親などが家族向けの傷害保険や賠償責任保険に加入しているのであれば、基本的には加入は不要です。

もし加入しなければ、トラブルが起きた時に給付が受けられないと言われますが、その時は親が入っている保険で賄えばいいでしょう。

自動車保険や火災保険の特約などで家族分の傷害保険などを付けている場合があるので、確認しておきましょう。

 

スポーツ安全保険とは、スクール側が団体保険として用意しているものでスクール活動中に起きたトラブル時の補償をしてくれます。

死亡保険や入院保険、損害賠償保険などの給付が受けられるのです。

別途親が傷害保険などに加入しているなら不要な時もあります。